· 

唐揚げ専門店が増殖中

唐揚げが好きすぎて、週4位、夜ご飯に食べていたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが原因で大分太った事があるピカソ久野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年ほど前の話ですが、夜ご飯に唐揚げ弁当を2つ食べていましたから、そりゃぁ太りますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「唐揚げはタンパク質だし、全部筋肉になるでしょ」と思ったら大間違い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脂質も多いし、お弁当の白米は糖質だし、まったくもってやせる要素がないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番好きなのは、鶏皮弁当(タレ)。油をいっぱい吸ったこんがりコッテリなタレ鶏皮が好物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は新しいお店が出来たら、様子見で1回だけ行くぐらいで、殆どリピートはしなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唐揚げ弁当って、美味しいですよね。値段も安いし、独身男性の夜ご飯に最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな唐揚げ専門店が、何故こんなにも増殖しているのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コロナ」で、テイクアウト需要が増したこともありますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原価率がとても安い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初期投資が安い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オペレーションが楽。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライヤーの進化。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな唐揚げが大好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、こんなにも出店する理由があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーでも、鶏もも肉の価格は、豚ロースの半分ほどではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても原価が安いです。輸入物になったら、もっと安いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イートインもありますが、テイクアウト専門店でしたら、敷地面積が狭い所でも出店できるので、家賃コストもあまりかからないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オペレーションがとても楽なので、人件費も抑えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収益性がとても高く、投資回収率も優秀なビジネスなので、雨の降った後のタケノコのように、あちこちに唐揚げフランチャイズ店が出来るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり収益性の良くなかった店舗を、唐揚げ専門店にシフトしている企業もありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガストも店舗の半分を唐揚げ屋にしている所もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

性能の良いフライヤーの稼働率を上げるためですね。ガストのサービスで戴いた唐揚げがとても美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何にせよ、美味しい唐揚げが沢山出来て進化した料理になってくれる事を楽しみにしています。