· 

ラーメンは和食だ

一杯のラーメンに衝撃を受けたピカソ久野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は坂之上にある「坂之上ユニーク」というラーメン店に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもは行列が出来ていて、すぐに入れないほどの人気店の様ですが、今日はたまたま並ばずに入店出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのお店は、天文館で骨董屋さんをやっている店主を唸らせたと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エイトの岩崎社長が言っていたので、最初からハードル爆上げです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はこざっぱりとしていて、お洒落な雰囲気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

客層は若めのおねーさんが多い感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偏見かもしれないですが、ラーメンを食べに一人でカウンターに座っている女性がいるお店って珍しいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもそんな感じの女性のお客さんが、何人かいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明らかに他のラーメン店とは雰囲気が違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の付いていないメニュー表を見て、あまりイメージが湧かなかったので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず一番右に書いてある、「いいとこ鶏」を注文。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても気になった「最上のQ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東野圭吾のミステリー小説のようなネーミングセンスには、とってもそそられましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初来店で一番いい物を頼んでしまうと、次来た時の楽しみが無くなってしまうので、最初は控えめで行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いいとこ鶏」は、鶏ガラベースの中華そば。淡麗系で、塩と鰹のダシ、そして鶏が調和が取れていてとてもあっさりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柚子の香りがこの出汁のスープによく合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えると、とても高級な懐石料理のお吸い物のようなスープ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天文館の骨董屋さんが唸ったお店というのも、うなずけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初から最後まで美味しく、帰りの車の中でもずっと「いいとこ鶏」の余韻を楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂之上に用事があったら、また必ず行きます。