· 

桜島は桜の島ではないのか

花粉が飛ばなくなりつつあるこの季節が、1年の中で一番好きなピカソ久野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝は少し肌寒くて、昼は太陽がポカポカしているので、外仕事が丁度しやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気が晴れているだけでご機嫌になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、3月も終盤になってきて、桜の開花情報が楽しみになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島では霧島神宮と、城山公園の桜が満開になっているようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも思うのですが、鹿児島にある桜島は(桜)の名前を付けているのに、桜の名所ではないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島でしたら、仙厳園の桜が有名でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜島の名前の由来を調べてみると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

咲耶島と呼んでいたのが転訛して桜島となった(訛った説)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大隅守として京都から赴任してきた「桜島忠信」の名前からとったという説(人の名前説)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サ・クラ・ジマ」で、「サ」は接頭語、「クラ」は断崖・崩壊谷あるいは峻険な斜面をもった山、「ジマ」は文字どおり島を表すとする説

(土地の特徴をあらわした説)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…とまあ、あまり植物の桜とはあまり関係ない模様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島の五社大明神社の祭神が「木(この)花(はな)佐久(さく)夜(や)姫(ひめ)」であることから咲夜島(さくやじま)とよんだものが桜島(さくらじま)に転じたとする説

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古代の大噴火のとき、桜の花びらが海面に浮かんだという説

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、少しロマンがあってイメージしていた物に近い由来ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜島に桜を植えて、文字通りの桜の名所にしてもらいたいものです。