· 

トヨタからのお誘い

自動車大好きピカソ久野です。トヨタ自動車だったら、RCFというスポーツカーが好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トヨタ自動車の期間工時代に、1年半ほど、RCFのカーボンフードを検査と補修をしていたからですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕がいた当時、補修が出来る人が限られていたため、僕が満了する直前には、在庫を36台ストックしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんど手作業で樹脂を削ったり、針でエポキシ樹脂を注入するので、技術がいるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素人が削ると、カーボンの網目が波打ち、後工程の検査ではねられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社員試験を3年間で3度受けましたが、自分の力量があと一つ足りなくて落選。自分の決意が足らなかったのが原因だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で自営業をするために、トヨタ自動車に行ってお金を貯める事が目的でしたからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司から、「お前は本当にトヨタ自動車で骨を埋める気はあるのか?」と聞かれたときに戸惑った事もあり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司は察して、強力な押しを「あえて」使わなかったんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、ありがたい事に工長の「推薦」は頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期間従業員の社員登用試験は職場のお祭り。頑張っている奴を皆で応援します。現場の士気が高まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職場のメンバーは仲間意識がとても強いです。頑張っている奴がみんな大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期間従業員上がりの社員も多く、彼らの多くは、ストイックでなりふり構わず一生懸命過ごした日があるからこそ、社員を勝ち取った人達です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハングリーさを持っているので、プロパーよりも優秀な方々が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はあと一歩で落選したのですが、職場は、僕の満了時には盛大に送り出していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなトヨタ自動車人事部から、先日封筒が届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期間従業員を1年間以上勤め、職場からの評価が高かった者しかもらえないフリーパスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがあれば、面接をしないでトヨタ自動車に期間従業員として迎えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年収450万。寮費無料、福利厚生が充実しているので実質年収700万の生活が3年間出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はトヨタ自動車のおかげで今、個人事業主としてスタート出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稼ぎはまだまだ期間従業員の時の方がいいですが、夢が目標になり、現実になる階段を着実に駆け上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリウスPHVのバックドアインナーのラインに入っていたあの時も、運搬で全工程をジャストインタイムで部品搬入したあの時も、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいでん祭りの練習で、優勝するために頭がおかしいんじゃないかと思うくらい、野球部のノリで練習したあの日も、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕にとっては青春時代よりも濃い人生を送らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トヨタ自動車は大好きですが、今後は一ファンとしてお付き合いできればと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナがおさまって、僕の仕事ももう少し安定しだしてから、昔の仲間に会いに行きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時はYARISの苦労話でも聞かせてください。企業秘密だから、あまり突っ込んだ話は出来ないかー。わはは。