· 

チョコレート小噺

俺の名はツトム。今日は森永製菓の面接に来ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森永製菓はチョコボールやDARSなどのチョコレートから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコモナカジャンボ、ICEBOX等のアイス製品、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロテインバーや10秒チャージでおなじみのウィダーインゼリーも森永の製品だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グループ面接では、5人一組となって面接を行い

 

 

 

 

 

 

 

 

面接官の質問について、自分から右の人から順に答えていく感じだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

志望動機が順番に終わって、場が温まってきて、次の質問

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自己PRをしてください」

 

 

 

 

 

 

 

 

自己PRは、入社してからどう貢献できるか、自分の人柄をアピールするのが一般的だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面接官に対して印象に残る自己PRをすれば、受かる可能性もグッと高くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は自分の長所と、課外活動で得た経験などを織り込みソツなく話した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回答権が隣の人に渡った瞬間、事件が起きる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョッコレート♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣の人は歌いだした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その刹那面接室は凍り付く。歌いだした本人はまだ気が付いていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョッコレート♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコレートは……。チョコレートは……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌いだした本人は気が付いたのだろうか、顔が真っ赤になり、うっすらと目に涙が溜まっているように見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「チョコレートは、モリナガ♪」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うまくまとめたようだが、苦しすぎる。。。何もライバル企業のCMソングを面接で歌うとは、運がないというかお間抜けである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして春。

 

 

 

 

 

 

 

 

入社式を迎えた俺ら同期の中に、華麗なる歌で笑わせてくれた彼の姿はなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(おしまい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都市伝説の森永チョコレート面接事件です。有名な話ですね。本当にあったかどうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコレートは♪モリナガ♪