· 

県警がやってきた

刑事ドラマと言えば、古畑任三郎だと思うピカソ久野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もが1度は物まねをして、あたり一帯が氷河期になったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日は県警の見回りがありました。リサイクルショップは、古物の取引をやっていますので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警察のチェックがたまにあります。古物台帳のチェックと、ちょっとした雑談ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リサイクルショップには、もしかしたら盗難品が買取依頼としてやってくる可能性がありますので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見かけたら買い取ってくださいと言われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ!????

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に、警察の捜査には全面的に協力しますし、情報も包み隠さず提供するつもりではありますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチは商売でやっています。時間も、現金も大事な資産です。

 

 

 

 

 

 

 

盗難品と分かっていて、買い取って、買い取った後は警察は仲介はするけれども、

 

 

 

 

 

 

 

盗難被害者と、話し合いをして金銭のやり取りをしてください。。。らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

盗難品が来た場合は、その人に盗難品だとは伝えないで買ってください。だって。

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいやいや。

 

 

 

 

 

 

 

変な事に巻き込まれて、大切な時間を浪費したくないんですが。こっちはwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通に仕事をしても仕事が終わらなくて、貧乏暇なしで、21時に渋々帰宅するんですが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注意して営業しつつも、たまたま盗難品をつかんでしまった場合(善意無過失)、所有権を主張できたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

わかってて買取をするのであれば、警察に届け出をして、待っているのはめんどくさい手続き。

 

 

 

 

 

 

 

 

結局僕がとる行動は、「買い取れないです。」のみですね。

 

 

 

 

 

 

 

何かモヤモヤします。

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、「スーパーコピーには注意してください。特にロレックスとかブランドもの。」とは言われましても、

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなん買い取れるお金持ってないし。。。

 

 

 

 

 

 

 

買いたい人がいるから、スパーコピーってあるんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

ブランド物のコピー品持ってて、嬉しいんだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

コピー品を持ち歩く事ってチートコードを使ってゲームをするのと一緒で、すぐに萎えます。

 

 

 

 

 

 

 

10代の頃にコピー品の財布を買った事があって感じました。すぐに捨てましたね。

 

 

 

 

 

 

 

弟は、20年前の高校の修学旅行で中国の闇市でコピー品をゴニョゴニョした後、国内に持ち帰って身内に配っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりあいつは頭のネジが何本か抜けていますね。今では立派な経営者です。