· 

値切る事に対して思う事

冗談を言います。聞いてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どーでもいーですよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいたい竜王は生きていたの久野です。元ジャンプ放送局のはがき職人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リサイクルショップには、値切る方がとても多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らは基本的に中古品を取り扱っていて、店に並べる品の価格は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品の価格と、中古品の相場、そして品物の状態によって値段を決定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある程度自分の采配で値段が決められるので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんは、ダメもとで値段交渉をしてくるのかもしれません。聞いたもの勝ちですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は基本的に値切り交渉にはNOですが、場合によってはYESになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何品も買ってくれる。とか、これからもリピートしてくれそうな人にはある程度話は聞きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ最初から買う気もあまりない癖に、商品の状態と元の値段をあまり見ていないで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何も考えないで「安くしろ。Discountだ」ってはやし立てる人には、お帰りください。です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい歳したおっちゃんが、フィリピーナのマダムを連れて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンパンにポイントカードの詰まった財布を洗濯機の上に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これみよがしに見せびらかして、駐車場2台分を斜め付けして止めている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの乗っている車は、白ナンバーに変更した軽自動車。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買う気もない癖に値切ろうとする。そういう人に限って物の価値を知らない。色々と痛すぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買わない逃げ道を作る為の値引き交渉に付き合っている暇はないんだよなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度、東京都台東区龍泉にある、おおとり神社のお酉さまに行って、値切りのしかたと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粋とは何かを勉強して来い。と言いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろお酉さまの季節かぁ。今年の弐の酉の日は14日。もう終わっていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参の酉は26日。火事が多いと言われています。火の取り扱いには用心しましょう。