· 

ベッドカバーとの格闘

洗浄カメラマンのピカソ久野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕にとって、大切な事は、生かして戻すことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、どうしても生かしたい無印良品のソファーベッド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、汚れが気になり、家庭用洗剤を使って汚れ取り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汚れは落ちるのですが、今度は乾いた後の水シミがとても気になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッドのシミは、次のオーナーにとってとても印象が悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壊して処分場行きか、カバーを取り外して、洗浄するか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソファーベッドのカバーは、その作りの為、とても難しい構造をしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、生地のクリアランスが全くなく、ビッチビチのギッチギチ。まさにジャストサイズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

苦労しながら取り外し、自宅の洗濯機で洗えばいいかと思ったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、カバーの体積の方が大きく、コインランドリーの大型洗濯機じゃないと洗えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方なく住居マンションの1階にあるコインランドリーへ。大型洗濯機の料金に愕然とする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回1000円??めっちゃぼったくり。隣の小さい洗濯機は1回200円なのに、、その5倍も水を使うわけではないのに。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カバーを外す苦労もあった事だし、すぐに引っ越しの見積もりにお伺いしないといけなかったので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣く泣く1000円とカバーを放り込んで、洗濯機を回すことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、ついでだから、乾燥機にも入れてしまえ。−300円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構な金額を支払って、洗濯し終わったカバーは、とてもきれいになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだったら、次のオーナーさんも、満足していただけるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソファーベッドのカバーは、取り外すよりも取り付ける方がとてもしんどい。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんぼかお金がかかっているので、むやみやたらと処分にできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとこさコツを掴んんで、折りたたんでカバーをはめて、裏面をうまくジッパーして完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、お値段ですが、税込み9000円でいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗いたてなので、めっちゃ気持ちいいはずです。