· 

キムワイプ

リモコン修理屋。ピカソ久野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近リモコン修理にハマっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazonで精密ドライバーセットが到着したので、狂ったように修理と破壊を続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完璧に仕上げたつもりが、電流が流れないとか、ザラですね。リモコンの中を開けるまでは、電流は流れていたのに不思議です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

接触不良のリモコンの内部って、思っていた以上にグロいです。手垢と埃でとっても汚い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつを洗浄して、接点の修理をして、蓋をはめなおすのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルコールや水滴をふき取るのに、ティッシュじゃ毛羽立つので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕も使用する時が来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「キムワイプ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理系の方や、研究者などに愛用されている、ペーパーのウエスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを使っている瞬間、偏差値が5上がった気になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazonで6箱1300円位だったので、とてもお安いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

このキムワイプの上位互換で、テクノワイプというものがあるのですが、

 

 

 

 

 

 

 

厚みがあってしっかりとしたペパーウエス。一袋1000円もするのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

トヨタ自動車では、これを毎日湯水のごとく使っていたので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経費削減で一瞬だけキムワイプになって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使い勝手が悪く、作業効率が悪くなるとの事で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テクノワイプに戻った事がありました。 僕は好きでしたけど。キムワイプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻を噛むのもティッシュじゃなくて、テクノワイプで噛んでたりしていましたから、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻セレブより高いものを使っていたので、原価を知ることは大事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基盤を開けていじくりまわしていると、技術者になったような気分になれるので、楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

破壊する事もよくあるので、精度を上げて修理していきたいです。

 

 

 

 

 

 

パーツクリーナーで脱脂するので手がカッサカサです。