· 

お店の香り チャンダン

部屋の香りは、結構気にするおじさん、ピカソ久野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リサイクルショップをやっているので、色々なお宅からお品を買い取ったり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き取ったりしてきて、清掃して店舗に陳列します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度お店を中継して新たなオーナー様を待つので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浄化の意味も込めて、お香を焚くようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い時から、アロマとかはあまりわからないなりに、色々試していた時期もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、アロマは大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煙草を辞めてから、匂いが良くわかるようになったので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々な香油を買ったりもしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この季節になると、加湿器をつけるので、アロマを中に入れて、香りを楽しむのも好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香りの中で、一番ハマったのが、パチュリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シソですね。ハマる人は多分珍しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

墨汁の香りらしいけれど、そうだっけ??って思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い木の香りはするかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香りの中で、よくオリエンタルな香り~とか、エキゾチックな香り~とか表現されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心を落ち着かせて、冷静になる効果があるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店で使うには、パチュリーは少々お値段が気になるので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コスパが良くて、香りのいい物を探していたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

王道というか、これになりました。チャンダンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくドンキとかに売っているあれですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これこそエキゾチックでオリエンタルな香り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焚いた瞬間の香りはキツイのですが、壁紙などから、ほのかに香る香りがとても好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパー銭湯の香り??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とてもリラックスできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本1本手作りなのか、線香に均一性が取れていないのが面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドンキで買うと、すぐになくなるので、Amazonで4箱買い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日2本焚いてお店を閉めるので、ほぼ1年持つと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝には、とてもいい香りが、お店に広がっているので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご機嫌で開店準備が始められます。