· 

リサイクル店をしてみて思う事

駆け出し経営者ピカソ久野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3週間リサイクルショップをしてみて思う事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「リサイクルショップって、商売のイロハを教えてくれるんだなぁ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らの商売は、基本お客様の元に行って、お客様が売りたいものを査定し、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お値段を付けて引取り、お店でクリーニングや補修をして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店頭に並べて、次のお客様に買って頂く仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物の売り買いの連続なんです。自分が引き取ってきた物に対して、経費と利益を載せて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店頭に並べるので、買い取り相場と、売りの相場を常に考えて商売をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって、商売の基本ですよね。当たり前のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こればっかりを繰り返していくのですから、商売人として成長するなぁ。と日々感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は一つの店舗で、一人でやっているので、全部が見渡せて、一人で完結しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな世界です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3週間目なので、今は小さな世界で完結しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな店でも、日々何かが起こります。厄介事もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな方法であれ、経験して乗り越えて、反省して次の日を迎えるので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々人としても、成長している気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、仕事があまり好きではなく、できれば朝から晩まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車とテニスとご飯の事だけを考えていたいのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店を持った瞬間、朝から晩まで仕事をするようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある程度自分のペースで仕事が出来るようになったので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスはあまり感じません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リモートワークになった瞬間、長時間仕事が出来る自分に気が付いた人と同じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大丈夫。大丈夫。サボる時間を作ってやっているから」って言っておきながら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人に限って、机に向かっている時間は12時間を超えていたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は少々落ち着いて仕事が出来ているので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームページの作成も少しづつ手が回るようになり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末位から、ぐっすり眠れるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店を1日閉めて、休日を作れる日が来るのも、そう遠くはないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「商売は、食べる分だけ。欲張らない。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の深夜番組で、大阪のお好み焼き屋をやっている、お母さんが言っていた言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

もうちょっとがんばったら、自分を休ませます。