· 

仕事の合間にレーシングカー 壱

今日の昼一番の仕事は、国分のお客様のアンテナ修理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約束の時間まで少し余裕があったので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し遠出をして溝部空港の近くにある、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動車修理工場ラムズファクトリーにお邪魔してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指宿スカイラインを10日に1回ほどガチで走っていると、どうしても部品の消耗が激しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消耗する部品は、車とドライバーによりきりですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の場合はバンパーの損傷が激しくなってきたので、そろそろ交換するかもしれないので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神田さんおススメのチューニングショップに行って、ご挨拶してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなバンパーにするかなのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアロがゴテゴテのバンパーは、ドレスアップでは見た目はカッコいいのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実用性となると、立派なお値段がする分、気軽に走りに行って攻めることが出来ないので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーマルのバンパーを買おうと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤフオクの中古部品で約7000円。送料で6000円なので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合計13,000円ほどですね。塗装を入れると多分50,000円位(願望)でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、前期の車体に後期のバンパーを付けてもらう予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多少のズレは気合で何とかしてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来れば、純正にないカッコいい加工を施してもらいたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな無茶な相談が出来るのが、ラムズファクトリーのオーナーの久木田さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は昔、FC(サバンナRX7)をとても安い価格で買い取ってきて、安い車は故障がひどかったので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一回全部ばらして、組み立てたらめちゃめちゃ調子が良くなったので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を良くして修理工場を開いたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レースにも参戦しているようで、エンジンンの載せ替えは日常茶飯事でやっているようなので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンのオーバーホールもご機嫌で引き受けてくれるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のバンパーも何とかするとおっしゃっていたので、走り屋にはとてもやさしいオーナーですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、何年かかけて一人で製作されているRX7のレーシングカーに乗せてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走るために必要なもの以外は全てはぎ取っているので、とても軽いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボデーは鉄板ではなく、FRPという繊維強化プラスチックで作られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助手席なんてものはありません。後部座席にはロールバーで剛性を出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レーシングカーの運転席に初めて座らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Zよりも視点は低く、足元は狭くバケットシートに骨盤が当たり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体的に窮屈なのですが嫌な感覚ではないんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しさを追求した形がこれなので、むしろこれでいいような気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このマシンを完成させて、レースに参戦する久木田さんを応援しにサーキットに行きたいですね。