· 

ベストセラー書籍を読んでいない人が、全力で語る回

空想作家 ピカソ久野です。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、以前ベストセラーになったタイトルを、読んだことがない人が、

 

 

 

 

 

 

 

 

さも読んだようなふりをして、全力で語る回です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「さお竹屋は何故つぶれないのか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リサイクル屋をやっている僕から見て、大分イメージしやすいのがこの書籍ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さお竹屋さんは移動販売をやっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽トラック一つで仕事が出来るので、固定費があまりかからないので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つぶれるリスクが少ないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、さおだけを売っているのではなく、元々が便利業者がやっているので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さおの販売がメインではなく、あくまでもコンタクトするための手段で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家の破損場所を修理したり、庭の手入れや、倉庫解体などの営業をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業マンが、資料を置いていきますので、見てください。と訪問営業するのと同じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竿をきっかけにして、色々な仕事を請け負っているから、つぶれないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、竿を販売するだけでなく、夏になると、わらび餅屋さん。

 

 

 

 

 

 

 

秋の寒いこの季節になると、ドラム缶を荷台に積んで焼き芋販売をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

さお竹屋さんは、働き者なのです。つぶれるわけがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回「社長は何故4ドアセダンに乗るのか」 機会があったらやります。