· 

やっぱり軽トラなんだよなぁ

スポーツカー乗りの終着点は軽トラック。元Z34久野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大排気量FRのZ34も、とてもいいい車なのですが、軽トラックだって負けていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

究極のライトウエイトスポーツになる可能性を秘めているのが軽トラックですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の3代目ACTYは車重が870Kg。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スパルタンなアルファ―4Cが約900Kg。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おねーちゃんを隣に乗せるフルオプションだと1100Kg。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽トラックはライトウエイトの最高峰よりも軽い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格は4cが800万~なので、A90スープラを買う層が、視界に入る価格帯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のACTYは車体25万で幌と保険をいれて、60万弱。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、何かしらイジったとしても、多分100万は行かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とてもリーズナブルだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4C乗ってて、夜中の指宿スカイラインを疾走できるか?と言えば、多分出来ないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4cは、フロントスポイルをガリッっただけで、50万は修理代がかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ曲がる車なのに、指宿スカイラインの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガタガタなゼブラゾーンなんか、攻める事なんかできないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽トラの凹みは勲章。仕事している感があってとても良い。奇麗な軽トラなんぞに価値はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思いながら、2台目の軽トラックを購入する事を目標に、日々リサイクル屋をしているのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前、笹貫王将にランチを食べに行こうとして、見つけてしまった軽トラックがこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いっきり軽トラックをイジリ倒していますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイクに付いているようなマフラーが、カッコいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダウンフォースが取れるのかわからないリアウイングまで付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分取り外せないのかな。荷台めっちゃきれいだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、仕事でも使いたいので、見た目は大分大人しくするつもりですが、中身だけ特別仕様にしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目は、実用性もかねて、ロールバーは入れるなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま。足回りから固めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽トラックでも、大人な弄り方をしたいですね。