· 

サボテン君

少し棘のあるキレイ目の女性に魅力を感じるZ34久野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手を出して、怪我をするまでがお約束ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

引っ越しと不用品のセットでご依頼いただいたお客様のもとで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サボテンを運ぶことになったのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長さ1メートルくらいあるとても長いサボテンで、針が小さく細い品種でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サボテンの針って、刺さってもそんなに痛くないだろうと思って、

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま鉢ごと抱えるようにして持ち上げたら、肩から胸あたりまで思いっきり刺さって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもサボテンが長いものだから、鉢から抜けそうになって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを直そうとして手で支えたら、針が作業用軍手を貫通して沢山刺さりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて見る大きくて細いサボテンだったので、お客さんに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これって、食用なんですか?」

 

 

 

 

 

 

と聞いたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引っ越し先が1階だからベランダに置いておくと、防犯になる」  らしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど。防犯対策はバッチリだと身をもって確認できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構手に針が刺さったので、家に帰ってから、針の抜き方を検索すると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はちみつを塗ると棘が出てきて、抜きやすくなるとの情報が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、棘抜き用のピンセットと、絆創膏、はちみつを買いにドラッグイレブンへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はちみつ売り場の前で、国産、中国産、カナダ産、アルゼンチン産があるけれど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何処産が一番効くのだろう!?と真剣に5分くらい悩みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パッケージが青と白のアルゼンチン産が効きそうなイメージだったのでこれを購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

南米で育った蜂ならきっと、奇麗な環境で育った花から蜜を取ってくるだろうと勝手に解釈。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家に帰って、試しにピンセットで棘を抜いていると、スモールアンテナの神田さんから電話があり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外科の先生に診せた方が結果仕上がりも良くて、はやいぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とアドバイスがありましたので、即行で鴨池イオンの近くの警察署の隣にある鴨池夜間急病センターへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外科の夜間外来で行ったので、看護師さんたちが10人ほど、どうした!どうした!とワラワラ来て、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サボテンの棘にやられまして、20か所くらい取ってほしいんです。」(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、手を見せると2人ほど残って、後は解散~とそれぞれの持ち場に帰っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生に患部を見せると、30分ほどで全ての棘を取っていただきました。処置がとても速い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生曰く、「棘が刺さったら、よく手を洗ってすぐに病院に来てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が先生に診せた時には、すでに10時間後くらいだったので、

 

 

 

 

 

 

 

 

皮膚が再生して、患部を包んでしまっているらしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で処置しようとして、買ったはちみつは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近お昼によく食べるヨーグルトの中に入れることにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性とサボテンは、うかつに手を出したり強引に扱うと怪我をする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらも大切に扱いましょう。