· 

紫原 シェフ

紫原の住宅地の中にある老舗レストラン シェフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、同業で従兄弟の岩崎社長と定休日に来てしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オアズケをくらってしまったので、どうしても行きたいレストランでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり美味しいと赤帽さんからも聞いていたので、期待が高まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内に入ると、テーブル席と、座敷もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洋食店に座席があるのは珍しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厨房にはご主人様。ホールは奥様担当。家族経営の手堅い商売。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長く経営されていて、ファンがとても多いのでしょう。座席のほとんどが予約席です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチタイムの少し前に入店できたので、座敷に通していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチメニューで1日限定10食のオムライスを注文。岩崎社長は和風ハンバーグ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まであちこち彼とはランチに行っていますが、メニューにハンバーグがあったら、必ず頼んでいる気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩崎社長は、ハンバーグ星人ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーンスープとサラダを食べながら会話をしていると、オムライスが到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デミグラスのとても芳醇な香りがします。作るのに大分手間がかかるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔ながらのオムライス。チキンライスが、とても美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お値段もお手頃。ランチはとてもリーズナブルで、ファミレスのランチかと思うくらいの良心的な価格。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日替わりメニューも充実していたので、ぜひまた来ようと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今日はほとんどお店に籠って、店内作業を進めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三越ホテルの旦那さんが、様子を見に来てくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内を見てお褒めの言葉を頂き、隣の家具屋さんの偵察にまで行っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三越さん 「隣の家具はすげーど。よかもんばっかりじゃ。」(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕 「そりゃそうです。お隣様は1枚板の高級家具屋さんですから。」(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕 「ウチは中古品屋さんです。」(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

値札のまだ付いていないガスレンジを見て、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三越さん 「これタダで貰って行っていい?」( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕 「あーそれ6500円ですね」(;・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三越さん 「今度かーちゃんに相談してから買いに来る。」(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕 「相場よりも安くで提供させていただいているので 安心してください。」(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三越さん 「値段はいくらでもよかとよ。」(; ・`д・´)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕 「今度来る時までにゼロ一つ増やしておきますね。」(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三越さんは、いつも陽気なおじさんです。