· 

黒ナンバーの保険料が高すぎる

古物商のプレートが届きました。ピカソ久野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家具や家電製品の中古品を売り買いするので、機械工具商となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メカに詳しそうなキテレツ君みたいですが、少しでも詳しくなれるように日々精進ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでお店をオープンさせて、警察署の方が見回りに来ても大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

噂では、硬い感じで見回りに来るのではなく、結構フランクらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんとして対応しようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日は、軽トラックの自動車保険を掛けに、行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Zの自動車保険は、ダイレクト型の保険を使用していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Zのオーナーたちは、落ち着いている人が多いおかげか、年間の保険料って、さほど高くないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Zの保険料はそこまで高くなかったから、軽トラックもさほど高くはないだろうと思っていたのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色ナンバーで、保険料がZの倍。黒ナンバーでさらに倍。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とクイズダービーの最終問題並みの倍々チャレンジみたいな価格。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽トラックってほとんどが仕事で使うから、事故率が高いのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、Zの保険の等級を使って、黒ナンバーへの移行は出来ないらしく、6等級スタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年目の保険料で、そこそこいい原付スクーターが新車で買えるお値段。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動車事故を1回もしたことがない私にとって、この値段は痛すぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや。今まで事故をしたことがない事が、奇跡的な幸運なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保険は使うためにあるものじゃないですものね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手と、自分の為に掛けるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽トラックを舐めていました。維持費安くて超ラッキーって事はないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、保険料が高いのは、1年目だけで、2年目、3年目になると、だんだん安くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事故をしない。無茶な運転はしない。を心がけます。