· 

もしも、桜島の溶岩を使って、ゴミを処理しようとしたらどうなるか?

桜島って活火山じゃないですか?毎日噴火している桜島って、溶岩が噴き出ていますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その溶岩を使ってゴミを処理できないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

噴火口にゴミを投入したら、自然エネルギーで焼却してくれるのではないか?

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

そんな疑問がありました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に生ごみを溶岩に向かって投げ入れた場合、生ごみの中の水分が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水蒸気に変わり、溶岩の中で膨張して爆発するようです。大変危険です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タンスなどの粗大ごみを大量に溶岩に落とすと、灰が舞って鹿児島一帯がススだらけになりそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜島の溶岩を使って、ごみ処理をするのは、現実的ではなさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、桜島は頻繁に爆発を繰り返していますので、火口に近づくのは大変危険です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜島は入山規制があって、観光目的で登れるのは4合目まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火口から2Kmは、入山規制がかかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運搬コストがかかる事と、常に爆発の危険があるので、現実的ではなさそうです。