· 

自転車を届けに

日曜日の昼下がり、今年初のマクドナルド月見バーガーを堪能していると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スモールアンテナの神田さんから電話

 

 

 

 

 

 

 

「君の元職場でゴミ箱の前にプジョーの自転車を発見したから、確保しといて」

 

 

 

 

 

 

 

 

との事。ハマーとかはよく見かけるけれど、確かにプジョーの出している自転車は珍しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

「1日もすれば、他の人に取られるかもしれないから、安全な場所に置いといてくれない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりいい物が、どうやら不用品として出されているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右手に持ったハンバーガーを胃袋におさめ、アイ環境へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車を保管場所に置いている途中で神田さん登場。

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、霧島市のラムズファクトリーにお届けするらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラムズファクトリーの久木田さんは、最近自転車にハマっていて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休日には200Km自転車で走るらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとしたバイクでツーリングする人と同じ距離を走るから相当入れ込んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車をルーフキャリアに乗せて、霧島市へ直行。

 

 

 

 

 

 

 

 

休日のラムズファクトリーに到着。久木田さんは、自動車のコンピュータセッティングの為に店に出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装、板金、修理、ECUチューンと何でもこなす久木田さん。

 

 

 

 

 

 

 

自動車にかけては、職人の域を超えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金曜夜にやっているチューボーですよでいう巨匠クラス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大分ボロいですけど、もしかしたら部品取りにでも使えるかと思って持ってきました。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いやー。この位だったら直して磨けばまだまだ乗れますよ。」と、喜んでくれたご様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車まで、ご自分で修理してしまうのだから、さすがですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場内をうろちょろしていると、ウワサのバモスを発見。順調に作業が進んでるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このバモスは、アメリカンな車体のバモスを作ろう。という事で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽自動車のバモスに、サンダーバードのテールランプを取り付け途中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貴重な旧車の部品ですが、試みはとても面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このテールランプ、拳くらいのサイズだろうと思っていたのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケロリンの風呂桶位のサイズがあります。流石アメ車。排気量も部品もマッチョですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、車体には大きな穴を開けないといけないのですが、まずキリで点の穴を沢山開けて、そこに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノコを入れて大きくくりぬいていく加工らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らにとって自動車工場は、小学生の頃の山形屋のおもちゃ売り場と同じくらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間を忘れて熱中してしまう場所です。楽しい場所です。