· 

サイフォンコーヒー

私の記憶が確かならば真顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島市内でいち早く光サイフォンを導入した店は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あめいろたまねぎである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイフォンコーヒーコーヒー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラスコとロートという理科の実験器具のようなものを使い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーをろ過する布と攪拌のための竹べらを使う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱源は、バーナーや、アルコールランプを使っている店もあるが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近代ではハロゲンライトを使っている店が多いキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光サイフォンの熱によって沸騰するフラスコと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その周りの温度差で出来る揺らぎを眺めると、とても癒される音譜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイフォンの原理を利用して、熱を与えられたフラスコ内部の空気が膨張し、ロートに湯が上がる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にロート内に、湯と粉が押しあがったところで攪拌し少々蒸らす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抽出が完了すると火を消し、フラスコ内部の空気が冷え、気圧が下がる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロート内部に出来上がったコーヒーが、布で濾されフラスコに落ちる仕組みだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

通常あめいろたまねぎでは、マグのコーヒーカップで提供されるが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエッジウッドのカップでも注文することも出来るウインク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーの抽出を目で見て楽しむことが出来るのでキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光が作る旨いコーヒーを飲みに、癒されに行くのもアリだろう爆  笑