· 

Z34前期型の泣き所

弁慶の泣き所とは…

 

 

 

 

弁慶ほどの豪傑でも痛がって泣く急所の意(goo国語辞典より)

 

 

 

 

 

Z34の様なマッスルカーでも急所があるという事か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに僕のZにも、クラッチのトラブルがやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

簡単に言うと、MT使用の車にはエンジンからの動力を切ったりつないだりする

 

 

 

 

 

 

 

 

クラッチの部分があるのですが、ここが異常を持ってしまうトラブルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなりペダル位置がスカスカになるという怖い症状。

 

 

 

 

 

 

 

 

原因としては、熱でクラッチオイルの温度が高くなりエアーを噛む

 

 

 

 

 

 

 

 

オイルが噴き出ている。とかでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つい最近、エアー抜きをしてもらったのですが改善されませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

クラッチオイルの温度が高くなると、このトラブルが発生して、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

異常を感じて車を休ませたり、次の日乗ってみるとクラッチが元に戻る不思議なトラブルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、指宿スカイラインを、スモールアンテナの神田さんと走っていて、

 

 

 

 

 

 

 

「登りで後ろを走っていると、オイルの匂いがする。」

 

 

 

 

 

 

と話されていたので、破裂していそうだな。(´・ω・`)。と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラッチレリースという部品ののコストカットの弊害なのか、マーチに使われている部品の流用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな部分を流用していいのだろうか?作りが簡素で、耐久性がない。時限爆弾とはこの事なのかな。

 

 

 


 

 

 

 

 

お盆の帰省ラッシュとかで、昼の高速道路の渋滞にハマって熱を持って、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラッチが効かなくなるとか想像しただけで怖いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の車の整備不良で、余計に渋滞を作ってしまうとか恥ずかしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早めに気が付けてラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後期型ではある程度対策されているので、ほとんどトラブルは出ていないみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Z34前期型MTで、クラッチが戻らないトラブルが出ていて、リコールになっていないのが不思議

 

 

 

 

 

 

 

 

カーサポートエランの鶴川さんに後期型レリースを注文して、修理してもらう予定でいます。

 

 

 

 

 

 

そろそろ強化クラッチデビューかな?とニヤついている自分がいます。